熱中症対策するなら「水分と塩分」だけではダメ!?

natsubate_girl
暑さ対策は「水分と塩分」で大丈夫!

と思っていませんか。

実は「水分と塩分」だけでは

熱中症対策が万全とは言えないようです。

熱中症とは、高温多湿の環境に長時間いることで

身体が適応できずに生じる症状の総称です。

症状には、めまいや立ちくらみ、顔のほてり

頭痛や吐き気、こむら返り、痙攣などを起こします。

これらの熱中症対策としてこまめな水分補給と塩分補給を

するよう言われたことありませんか。

大量の汗をかく場合、「水分と塩分」に加え

「糖分」の摂取が大切だそうです。

糖分と塩分を同時に摂取すると

体内により吸収されやすくなり

「水分と塩分」だけで熱中症対策するよりも有効です。

ちなみに糖分を含む食品といえば炭水化物ですが

夏バテで食欲がない場合、冷たい麺類やバナナ、リンゴなどで

補うと良いでしょう。

暑い日の熱中症対策には『水分・塩分・糖分』で

暑い夏を楽しみながら乗り切りましょう!

コメントは受け付けていません。